引越しが決まったら確認しておこう!→単身パックでベッドを運んでもらえる?

引越し当日までに家具や家電製品などの量を減らす事が重要です。少ない量の引越であれば、引越し業者の見積もりの金額も下がる傾向があるし、大手の引越し業者及ばずとも作業が完了出来る可能性があります。 日本全国に赤帽と言われる運送関連の手伝いをする業者がいます。運送がメインですが、引越しの際にも大きな荷物だけを赤帽に依頼するというやり方が可能になります。 冷蔵庫1 ソファーセットや冷蔵庫、タンスなどマイカーに積載できない物を赤帽に依頼し、それ以外をマイカーに分けて積載することで家の中にある物を全て引越し先まで移動するという対策が可能です。 赤帽が使っているトラックが1トン車である場合、家の中にある物全てを積載することが難しい場合があります。そのため、マイカーに入らない物だけを依頼し、それ以外を自分で配送することによって、引越し費用を大幅に下げることができます。 利用する料金は時間あたりの支払いとなる為、かなりコストを下げることが可能となるはずです。但し、遠い他府県までの移動の場合には赤帽が依頼できない可能性もあるので、そのあたりの仕事の割り振りをよく考えるようにするべきです。 このように、割り切って仕事を分けていけば安い業者を選択できる可能性があります。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする