» 2017 » 3月のブログ記事

引越しが決まったら確認しておこう!→単身パックでベッドを運んでもらえる?

引越し当日までに家具や家電製品などの量を減らす事が重要です。少ない量の引越であれば、引越し業者の見積もりの金額も下がる傾向があるし、大手の引越し業者及ばずとも作業が完了出来る可能性があります。 日本全国に赤帽と言われる運送関連の手伝いをする業者がいます。運送がメインですが、引越しの際にも大きな荷物だけを赤帽に依頼するというやり方が可能になります。 冷蔵庫1 ソファーセットや冷蔵庫、タンスなどマイカーに積載できない物を赤帽に依頼し、それ以外をマイカーに分けて積載することで家の中にある物を全て引越し先まで移動するという対策が可能です。 赤帽が使っているトラックが1トン車である場合、家の中にある物全てを積載することが難しい場合があります。そのため、マイカーに入らない物だけを依頼し、それ以外を自分で配送することによって、引越し費用を大幅に下げることができます。 利用する料金は時間あたりの支払いとなる為、かなりコストを下げることが可能となるはずです。但し、遠い他府県までの移動の場合には赤帽が依頼できない可能性もあるので、そのあたりの仕事の割り振りをよく考えるようにするべきです。 このように、割り切って仕事を分けていけば安い業者を選択できる可能性があります。

複数の引越し業者に見積もりを依頼するときに、引越し業者が段ボール箱を置いていくことがあります。

e376194eb13307b41d259c1787953a21_s

引越し業者を決めた後には、無料で段ボール箱を大量に頂く事になるので、事前に置いてもらう事は良いことだと考えられますが、実際のところはまだ決定していない状態で、段ボール箱を置いてもらうのはあまり良くない対策となります。

それは、他の引越し業者に決めた場合には、段ボール箱を返す必要があります。取りに来てもらう事は出来ない場合が多いため、こちらから持って行く必要があります。

そのような状況になってしまうので、見積もりに来た段階で段ボール箱を置いていく時には断ることが大事になります。

段ボール箱を大量に置く事によって見積もりを決定してしまう人がいるので、このような対策をするようになっていますが、見積もりの段階では何も決まっていないので特別なサービスを受けることは間違っているのです。

このあたりを考慮して、様々な業者の見積もりの金額を比較していく事が有効となります。一つの引越し業者に決定した後に段ボール箱を請求すれば無料で大量に頂く事が可能なので、そのあたりの段取りを考慮した交渉をしていきます。

梱包作業に使う様々な消耗品については、引越し業者にいろいろと相談してみることが重要です。

4d5fc9bcd7911e235fa7bdf39dcef526_s

大手の引越し業者は、新居に入るときに新しい靴下に履き替えてくれるサービスなどがあります。多くの人の引越し作業のレビューを集めていくとマイナスの印象が多くあるので、これらから良い引越しをするための情報を集めているのです。

このようなきめ細やかなサービスがあるので、大手の引越し業者を依頼すると満足度が高くなります。しかし、その分だけ引越し費用が高くなってしまう状況を考慮していく必要があります。

引越し業者は、大手の業者よりも安くサービスを提供している業者がかなり多いため、価格を比較していくと、結局安い業者を選択した方が良いのではないかという考え方になってきます。

引越しは、現在ある荷物を新居に移動する作業なので、多少のマイナスポイントがあったとしても、全ての荷物が移動できれば良いという考え方が可能となります。

作業の時間が遅くなったとしても、費用が10万円以上も変わってしまうとかなり考える必要があるはずです。

そのあたりを考慮し、価格とサービス内容が良い引越し業者を選定していく必要があります。テレビや雑誌のCMなどをチェックするだけでなく、広告を出していない引越し業者の情報も追いかける事で、ベストな引越し業者を選択することが可能となります。