「指輪」と聞くと「プロミス」という言葉が思いつくのは私だけでしょうか・・・。

10代後半から20代前半の10年間は「結婚」「彼氏」という言葉にすごく敏感で、周りの友達が次々と結婚し、幸せそうな姿を目の当たりにすると、「早く彼氏が欲しい・・・」「結婚したい・・・」と常に思っていました。

彼氏がいる友達は必ず「右手」の薬指に指輪をしていて、それがなんだかとてもとても羨ましかった。

なので、私も合コンで出会った男性には、必ず「指輪」が欲しいとねだりました。

どんな指輪でも良かったんですよね、誰かに愛されている、私には彼氏がいるんだという称号が欲しかったので安物の指輪でもいいので、「指輪が欲しい」と出会った男性には言い続けた記憶があります。

今思えば恥ずかしく、懐かしい思い出です。

20代後半に結婚したいと思う男性とお付き合いし、現在の主人と結婚しましたが求めた指輪は「長く身に着けても大丈夫な物」と思い、百貨店で二人で選びました。

婚約指輪をあげようか・・・とも言われましたが、婚約指輪は形だけなのでいらないと言い、結婚指輪は百貨店でも使える「全国共通商品券」を使って購入しました。

どうせ結婚すると、二人とも一つの財布で暮らしていくので結婚前にあまりお金をかけたくなかったという思いもあったんです。

地味な結婚指輪ですが・・・、それでも大事な結婚指輪です。

 

婚約指輪を売る値段

 指輪のサイズ直しは最近大半の指輪で可能になっていますが、その料金は指輪の素材やデザイン、それに装飾されている宝石の有無によって金額に変更が生じる場合があります。また指輪の厚みや幅によってもサイズ直しの金額の相違が生じる場合があります。
特に、指輪の厚みが比較的分厚かったり、指輪に幅のある場合は、切断したり接続したりする工程が、他のシンプルな指輪と比べても当然手直しに時間がかかります。また、指輪のサイズを大きく手直しする場合には、蝋(ろう)などの接続する素材の量も多くなりますから、金額も当然高くなります。そしてもともと価値の高い金属であるゴールドやプラチナの指輪は、そもそも素材そのものの価格が高いですから、当然サイズ直しの料金にも影響が及びます。
実際にどれくらいかかるのかは、見積もりを取ってみないと分かりません。業者もそれぞれの指輪の現物を確認して、必要な作業がどれくらいあるかを考えないと金額をはっきりとはじき出すことができません。シンプルな指輪の場合ですと、最低3,000円程度で手直しができると思いますが、その他の状況によっては必要な作業が増え、その分作業金額も増えてくるので、10,000円を超えてくる場合もあるかもしれません。

お付き合いをしていた彼からプロポーズをされて、それからすぐに婚約指輪を買いに行きました。
何気なく指輪のお店があったので、ふらっと立ち寄ってみました。
中にはたくさんの指輪があって、お店の人が色々指輪の説明をしてくれました。
そして気になる指輪は実際に指につけてみて、似合うかどうか試しました。
私はどんな指輪にしようか全く決めていなかったので、迷ってしまってその日は購入しませんでした。

指輪は安い物ではないし、きちんとお店を調べてから購入しようと考えました。
結婚情報誌を読んで、どんな指輪のお店があるのか調べました。
そして比較的値段が安いお店があったので、予約をして行ってみました。

そのお店はこじんまりとしたお店で、でも指輪はたくさん展示されていました。
ショーケースの中から気になる指輪を見つけては、指にはめるということを繰り返しました。
指輪の型が決まったら、その後はダイヤの大きさや形を決めていきました。
その時にダイヤにも色々なものがあるのだと知りました。
大きさだけでなく形の良い物は料金が高いのです。
またピンク色のダイヤなど色のついたものもあって、ダイヤはたくさん種類があるのだなと思いました。
色々なダイヤの説明を受けてから、自分の一番好きなダイヤを決めました。
結婚指輪も一緒に購入すると安かったので、同じ店で全ての指輪を作りました。

結婚指輪を探しています。週末には彼氏と一緒に、何件ものお店を見て回っています。でも、なかなか「これぞ」という指輪に出会えません。
ですから、オリジナルジュエリーが作れる工房に、オーダーメイドしようかなと考えています。
最初は、どんな指輪がいいか思いつきもしなかったけれど、色々な指輪を見ているうちに、だんだんイメージが湧いてくるようになりました。だた、彼氏と好みが違うため、そこは折り合いをつけなくてはと考えています。
私がいいなと思ったのは、ミル打ちの指輪です。指輪の周りをぐるっと囲むように、小さな点が刻まれています。上下にこのデザインを施したいと思います。
ミル打ちだけのシンプルな指輪もいいのですが、私は中心に小粒のダイヤを、一粒入れたいと思っています。それだけで、ぐっと上品な感じになるような気がします。
または、ダイヤを入れずに上下をミル打ちにして、中心に真っ直ぐなラインを入れるのも良いかと思います。少しシャープな感じもしますが、飽きのこないデザインに仕上がるように思います。
指輪の後ろには入籍日と、お互いのイニシャルを刻印したいです。大切な記念日を、互いが忘れることのないように、記念になる指輪が作れたらいいな…と思います。

結婚して20年近く経ちますが、結婚指輪をしていたのは3か月だけでした。
すぐに婚約指輪を売る値段にびっくりして売ってしまいました。
新婚のころは、結婚したのがうれしくて、外すことなど考えたことなどありませんでした。同僚も面白がってみたがるので、見せていました。
しばらくたつと、既婚者でも指輪をしている人と、したいない人はいるのに気がつきました。年配の人はあまりしていなく、逆にすごく若い人もしていません。なんとなく理由を聞いたら、邪魔になったとか、なくす心配があるとのことです。

E
職場は工場なので、機械や電気機器に触る仕事です。指輪をあいていると、接触したり、火花がとぶので、危ないので、外すことになります。手袋をしていてもダメです。そうすると、ポケットに入れたり、財布にいれると、なくしてしまうそうです。
2人ぐらい無くしていて、大変だったそうです。
それを聞き、心配になり、奥さんにきいてみると、一緒に外そうということになりました。理由を聞くと保育士は基本的に仕事中に指輪をつけてはいけないとのこと。アレルギーの子がいたり、おしめを取り換えるときに汚れたりするからです。
今は二人とも外しています。
最近、興味があって、引き出しから結婚指輪を探してみて、はめようとしましたが、奥までいきません。当時より体重が増えたのは事実ですが、指まで太るのかと少しショックを受けました。